示談と和解交渉


示談交渉が取り返しのつかないものになる可能性があるのは、いろいろな場面で出てきます。そもそも示談ということの意味を考えていかなければいけません。

示談示談とは、法律的に考えると、和解交渉からの契約です。これだけでも重みがあるのが見えてくるでしょう。和解というところでは、いいたいことはいろいろとあるけれど、お互いの主張を考えながら、双方が条件に付いて交渉してまとめたのが示談であり、解決するための契約となっていきます。本来は和解契約といえばわかりやすいところですが、交通事故の場合には示談と呼ばれるのがポイントです。ここで大切なのは、示談を結べば、決められた金額でこの問題は終了にするというところにあります。大きな問題点となってしまうのが見えてきますが、うかつに結べばこれで終わりというところになるでしょう。契約という点では、口約束であっても成立してしまう面も持っています。うかつなことは言わずに、示談は簡単におこなわないというのが重要になってくるでしょう。

示談書も重要で、和解契約書と考えれば、やり直しが難しくなるのも理解できるはずです。事細かにかかれているものであり、約束を守る代わりに、これ以上の文句は言わないという契約を結ぶ内容になっています。一度成立すれば、以後有効になってしまうことが重要です。