損害賠償請求権

そもそも示談交渉は、慎重におこなっていかなければいけないものです。

ですが、損害賠償請求権というものもあるのを知っておかなければいけないでしょう。これもやり直しができなくなるポイントです。

損害賠償請求権は、損害および加害者を知ったときからスタートしていきます。この権利を3年間行使しないと、消滅するという性格を持っているのが重要です。

つまり、事項が存在するということを知らないと失敗してしまいます。

損害を知ったときからですので、交通事故にあったときがスタートになって行きますが、後遺障害に関してはあとからその事実がわかるでしょう。

症状固定からスタートするわけですが、この日が起算日になります。

亡くなってしまった場合にも同様で、死亡した日が起算日です。一般的に考えると、事項になるような時間の長さではありません。ですが、うかつに示談を進めてしまい、あとから変更したいと思ったときにも、この時効が生きているということです。

事項に関することも、決して簡単ではありません。裁判で判決が確定した場合には、10年になってきますし、中断する場合もあります。障害を負ってしまった場合には、示談金の定時からカウントもしなおしになってきますので、交通事故を専門とする弁護士に依頼しながら進めるのが重要です。

例外的なケース